ブログ

導入システムのご紹介(特許調査関連)

【JP-NET

言わずと知れた日本パテントデータサービス株式会社の特許検索データベースです。国内では高いシェアを誇っており導入されている企業さんも多いかと思います。弊所では国内特許と海外特許を契約しています。

【PatBase

株式会社RWSの特許検索データベースです。100超の特許発行機関の書誌抄録データ、77か国のフルテキストデータを含む膨大な収録データを快適に検索できます。

また、このデータベースは強力な分析機能を有しており、数万件以上の母集団も軽々と集計し各種チャートが作成可能です。どんな分析ができるかご興味がありましたらお問い合わせフォームからお問い合わせいただければWEBミーティング等でご紹介差し上げますのでお気軽にお問合せください。

以上の導入システムを駆使してクライアント企業様の知財活動に貢献していければと考えています。

関連記事

  1. 6/9 18:30より「知財実務オンライン」に出演します。
  2. 日本の特許出願においてもマルチマルチクレームの制限が4月1日から…
  3. 特許庁からマルチマルチクレーム検出ツールが配布されています。
  4. 弁理士の佐藤がイーパテントチャンネルに出演しました。
  5. このブログについて
PAGE TOP