ブログ

J-PlatPatの特許・実用新案検索にリーガルステータス関連機能が追加されました。

独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)運営の知財情報サイトである「J-PlatPat」の「特許・実用新案検索」において、2023年12月2日に、「リーガルステータス絞り込み検索機能」、「リーガルステータス表示機能」、及び、「リーガルステータスcsv出力機能」が正式にリリースされました。

今回はこれらの機能と使い方について簡単に紹介します。

特許・実用新案検索には以下からアクセスできます。
特許・実用新案検索|J-PlatPat [JPP] (inpit.go.jp)

【リーガルステータス絞り込み検索をするには】

特許・実用新案検索画面において、画面下方に表示される「検索オプション」をクリックすることで、検索オプションの各機能が表示されますが、今回のリリースにより、下の画像で赤枠で囲った「ステータス検索」及び「ステージ検索」の項目が表示されるようになりました。

ここで、「出願・権利存続中案件で絞り込む」のチェックボックスにチェックを入れて検索することで、有効な出願・特許のみを検索結果として表示させることができます。例えば、侵害予防調査のように権利が有効な出願・特許のみを閲覧したいときには、この機能で絞り込むが便利です。

また、この下に表示される「ステージ検索」のプルダウンボックスをクリックし展開することで、特許出願・特許権のある段階(ステージ)が下の画像に示すように複数表示されます。これらのうち、いずれかを選択することで、特定の段階にある出願・特許権に絞り込んで閲覧することもできます。

【リーガルステータス表示機能を利用するには】

操作は以前と変わりません。具体的には、検索式の入力画面で適宜検索式を設定し「検索」ボタンから検索することで、検索結果の一覧リストのなかで右から3列目に「ステータス」の列が追加で表示されます。

画像は、「発明・考案の名称/タイトル」に「テニスボール」を入れ、「出願・権利存続中案件で絞り込む」にチェックを入れて検索した例です。下の画像で赤枠を囲ったステータスの列に、ステータス情報が表示されます。また、この画像の例では、検索の際に設定したために権利が有効な出願・特許のみが検索結果として表示されています。

なお、ステータスの各項目の意味は下図から確認ください。

 画像の出所:下記のリンクからアクセス可能なINPIT資料より抜粋
 [INPIT]J-PlatPat機能改善のお知らせ | 独立行政法人 工業所有権情報・研修館

【リーガルステータスcsv出力機能を利用するには】

操作は以前と変わりません。具体的には、先に示した検索結果の一覧リストの画像において青枠で囲った「CSV出力」のボタンをクリックすることで、CSVの出力をすることができます(別途無料の登録等が必要です)。

出力したCSVには下の画像のような内容が含まれます。この画像において赤枠で囲ったように、CSVにはステージの列とイベント詳細の列が追加され、各出願・特許権についてのこれらの情報を確認することができます。なお、ステージ情報およびイベント詳細情報が付与されない場合もありますので、上述したINPITの情報を確認ください。

以上、先日リリースされたJ-PlatPatの特許・実用新案検索のリーガルステータス関連機能を紹介しました。以上の情報が皆さんの特許関連業務のお役に立てば幸いです。

なお、以上で説明したJ-PlatPatのリーガルステータス機能の解説やここで入手したCSVを使った分析手法のレクチャーについて有償対応も可能ですので、ご希望の場合は右上の「お問い合わせ」からお知らせください。

以上です。

関連記事

  1. 特許庁からマルチマルチクレーム検出ツールが配布されています。
  2. IP ePlatのセミナー「IPランドスケープセミナー(第2部)…
  3. 特許庁にて「企業価値向上に資する知的財産活用事例集」の電子データ…
  4. 「特許行政年次報告書2021年版」が発表されました。
  5. 2022年4月1からの特許料等の改定について
  6. インターネット出願ソフトVer.[i4.30]がリリースされまし…
  7. 6/9 18:30より「知財実務オンライン」に出演します。
  8. 日本の特許出願においてもマルチマルチクレームの制限が4月1日から…
PAGE TOP